タグ:ROMA ( 4 ) タグの人気記事

イタリア旅行記⑤ ~ローマ編・ラスト~ 

/////3日目 リストランテ・テーマ/////

パンテオン見学後、一旦ホテルに戻って「着替える」一応「それなりの服装」に変身する為だ(笑)
高級レストランは「ジャケット着用」や「ジーンズ禁止」が多いそうです。「tema」は一般的ですが。

f0160958_20141810.jpg


予約していた時間を過ぎてしまったが「イタリア時間」なので大丈夫(笑)
イタリアは「19時ねェ~」と約束した場合「19時から準備」する国であります。
日本だったら19時を過ぎると店から電話がかかってきますね(笑)

f0160958_18514821.jpg

f0160958_22264770.jpg

f0160958_18511590.jpg


食べたい料理を適当に注文。でもちゃんと軽いものから出してくれます。
イタリア語のメニューは苦労したが少しは勉強をしておいたので何となくは料理が分った。
(レストランの入口に「日本語のメニューあります」と書いてある店は意外と多いいですよ)
f0160958_18531464.jpg

「Prosciutto e mozzarella(生ハムとモッツァレラチーズ)」
f0160958_185482.jpg

「Saute' di cozze(ムール貝の酒蒸し)」
f0160958_18584824.jpg

「Gnocchi Donna Rita(海老とポルチーニ茸のニョッキ)」
f0160958_18584037.jpg

「Risotto alla crema di scampi(手長海老のクリームリゾット)」

前菜はあっさり目、パスタ類はヨメさんが「海老好き」なので海老づくしにした。
なるべく色々な料理を食べられるようにシェアしながら。

ちゃんと1品ずつ、食の進み具合をみながら料理を運んできてくれます。
コレ以外にはワインをグラスで2杯ずつとミネラルウォーターをボトルで1本。
水はどのレストランでも有料で1Lか1.5Lのボトルで1本出てきます(€2くらい)
ミネラルウォーターは「naturare」と言わないと「gassata(炭酸水)」が出てきます。

今回食べに行った「ristorante tema」スタッフは丁寧で親切だし何より「美味い」。
で、「Risotto alla crema di scampi(手長海老のクリームリゾット)」が超絶品でした!
日本で食べるリゾットと比較すると「riso(米)」は堅めですが海老の風味満点で最高です!
「それぞれの担当者が誇りを持ちキチッと自分の仕事をこなしている」そんな印象が強い店。

f0160958_20174941.jpg


とりあえず「ローマ編」はこれで終了です。次回から「フィレンツェ編」に突入です。
[PR]
by selfish555 | 2013-06-30 19:31 |   ITALY

イタリア旅行記③ ~ローマ編~ トレビの泉

/////2日目 トレビの泉/////

トレビの泉に行く前に帰りのバス停探し。イタリアのバス停は見つけにくい。
110openは昼間ならバス停に赤色のスタッフジャンパーを着てる人が居るので助かる。

f0160958_18422545.jpg


スゴイ観光客だにゃあ~全然いいポジションとれないにゃあ~
っつーか、想像してたよりも「デカイ!」思ってたモノよりも3~4倍でかい!
ま、ここは夜も来る予定なので、、、とりあえず遅めの昼食を食べに行く。
トレビの泉の「本番」はライトアップされている「夜」なのだ。
バス停のあるトリトーネ通りへ出て、バス停の反対側にあるレストランへ行く。

f0160958_16364277.jpg

f0160958_21225688.jpg

「ピ゚ッツァ・マルゲリータ」と「茸とトマトのタリアテッレ」を1皿ずつ注文して「シェア」する。
ワインの気分でないし2人共ビールの「Large」を注文、、、何とも1Lもあるやんけ(笑)
英語が通じるので注文はラクでした。スタッフは親切で明るいし、何より味も抜群に美味かった!

夜まで時間があるので、テルミニ駅へ行って、明後日のフィレンツェ行きの列車の切符を買う。
日本からも予約出来るが、イタリアはちょいちょい「変更」があるので現地で買う事にしたのだ。
TRENITARIA」のHPで時刻表はプリントアウトしてあるので自分の旅程にあう時刻の列車(特急・準急)を選ぶだけだ。
ローマからフィレンツェまでノンストップで行く「特急」の直行便で所要時間は約1時間半。
f0160958_1713886.jpg

写真はフィレンツェ駅の券売機です。テルミニ駅は20~30台程機械が置いてある。
言語が選べたので英語を選択(モチ日本語はないよ)し、難なく最後の「支払い」へ。

っとココで事件?発生・・・
クレジットカードが通らない!何度かやり直したが決済(購入)出来ない!
すると後ろにいた「オバさん」が勝手にクレジットカードを奪い隣の機械で操作してくれた。
機械を操作してくれる!なんて優しいんだァ~無事に購入!と思ったのも束の間・・・。

「チップよこせ!(爆)」

ああ~こんな「オチ」か、ちゃっかりしてるなァ~と€5くらい渡そうとするが首を縦に振らない。
英語は通じないし、早口のイタリア語なんか何言ってるか理解できる筈が無い!
するともう1度機械を操作し始めた???ジェスチャーで何とか伝えようとしてる。。。

オイラらが最初に買おうとしてたキップは1等車「フレキシブル」タイプ。
コレは座席や時間の変更可能、キャンセルしても返金可能の列車チケットで€126(2人分)。
オバさんが買ったのは同じ内容のキップだが「変更・返金不可」の安いヤツで€86(2人分)。
ようやく意味が分った!なんとその「ババァ」!

「差額の€40を払え!と(爆)」
「No!」と怒鳴った。
ヨメさんが「何て言ってるの?」と聞くので€40払えって~アホちゃう?って言った。
すると「No!」とヨメさんも怒鳴って、€1も渡さずその場を後にした。
あ~あ~最初に€5を素直に受け取っておけばよかったのに~(笑)欲かくからだよ~!
とりあえずオイラらもキップ買えたし「やられたなァ~」のただの笑い話で済んだのにィ~!
ちなみにこのババァ、テルミニ駅の券売機付近をうろついてるので注意して下さい(笑)
ある程度は注意しないといけないのは分ってたが、初日からコレだとヤだなァ~。
ま、お陰様で「キップの買い方・選び方(カードの使い方)」が分ったのでラッキー!(笑)
同じ列車でも様々なキップの種類があるので、確実に乗れるなら「格安」タイプがいい。
早くから予約を入れて席を確保する場合は変更を考慮してフレキシブルタイプを選ぶといい。

と、気分を入れ替えてホテルに戻り防寒対策をして再度110openでトレビの泉に向かう。
今日の昼間の気温は約20℃、少し肌寒い感じ。夜はもうちょっと気温が低くなりそうだ。
イタリアに来る前、荷づくりで最後の最後まで一番困って悩んだのが「防寒着」だった。
f0160958_19272710.jpg

期待に胸が膨らむ!トレビの泉へ行く通りもかなりの人でゴッた返してしるゾ!
昼間も居たが、夜も「ミサンガ巻き」が虎視眈々と「巻けそうなヤツ」を探しています。
ここでは何故かよく写真を撮ってくれと頼まれた。んでオイラらも写真を撮ってもらった。
f0160958_17534610.jpg

f0160958_18453726.jpg

f0160958_18464746.jpg

f0160958_18471167.jpg

f0160958_19273454.jpg


スゲー人だァ~全然前に行けない~しかもヨメさんは寒いから帰りたいみたいだし。
もうちょっとネバって前に座りたかったケド、風邪ひかれると困るしなァ~・・・撤退。
時間は21時くらいだがまだ少し明るい。夜空は日本では見た事が無い「青」に染まっている。

f0160958_20474474.jpg

f0160958_19512995.jpg

f0160958_21182787.jpg

f0160958_19523020.jpg

f0160958_19514971.jpg

f0160958_2048865.jpg

f0160958_19525279.jpg

イタリアのバスのドライバー、、、かなり運転が荒いです(人によりますが)。
「人を乗せている」と言う気づかいが全くない。何度もシートからケツが浮いた。
特に夜に乗るバスは道路の交通量も減るので「飛ばす率」急上昇になります。
一つだけ確かな事は「飛ばす」バスドライバーの運転はかなりのハイレベルです。

テルミニ駅の地下にある「CONAD」というスーパーで晩飯を買う(遅くまで開いてます)。
食料品にドリンク・酒、日用品も揃っていて便利です。ローマ市内にしては価格も安い!

続く。。。
[PR]
by selfish555 | 2013-06-23 19:18 |   ITALY

イタリア旅行記② ~ローマ編~ スペイン広場

/////2日目 バチカン市国~スペイン広場/////

更新してる時間がないのでサクっといっちゃいます。

ローマ観光で1番行きたかったのが「バチカン市国」だが。。。
が、何かのイベントの準備中にサンピエトロ聖堂見学の大行列、意気消沈。
「詐欺師」っぽいのもウロウロしてるので、入国後たったの30分で出国する事にした。
カトリック信者でない、ただ「国の中にある国」に行ってみたかっただけでありんす。
どうせなら他の国みたいに税関とかあるといいね「入国した」って気分が欲しい。
ここからは「ローマの休日」で有名な「スペイン広場(階段)」へ歩いて行く事にした。
110openバスを待ってもいいが、遠くない距離なので散策しながら向かう。
小さな通りにも必ず「名前」があるので、道に迷っても交差点で自分の位置が確認出来る。
何度か道を間違えながら遠回りになりながら、アッチだコッチだ夫婦喧嘩しながら・・・。

f0160958_22435890.jpg


おォォォ~ーここが有名なスペイン階段かぁ~・・・感動!
でも階段の下にはパトカーが停まっている・・・ゴッツ邪魔やんけ!
(しかもこのパトカー、三菱の「i(アイ)」だがシトロエンのマークが付いている(笑))
せっかくだしスペイン階段に座り「ローマの休日」気分を味わってみる事にする。

f0160958_23462957.jpg

f0160958_23511599.jpg


「スペイン広場」の由来はスペイン大使館が近くにあるからそう呼ばれるようになったみたい。
ちなみに1725年!に完成している。階段ので飲食は禁止です。警官多いから気をつけて!
この広場に無料の公共トイレあります。地下なのでビビったけど中に係員がいるので安心です。
一番上まで行こう!と登ってる途中で日本人の新婚カップルがドレスで写真撮影をしていた。
なんとも、、、ココでも堂々としている新婦し対し、ドギマギしている新郎、、、女は強い!
そう言えば同じ週、従妹がスペインで結婚式&新婚旅行してるんだなァ~。

んで一番上に行くと・・・

「ナガトモォ~!ナガトモォ~!」

やってきました「ミサンガ巻き!」
(勝手にミサンガを巻きつけて、金を請求する商売?詐欺?)

マジでうぜェ~・・・一瞬睨んで無視したら何も無かった。
日本人がターゲットにされるのは「強く断らない」からではないか?
タバコやお金を求めて近寄ってくるホームレスにも「NO!」でオーケー。
おもちゃや花を売りつけてくる露天商?にも「NO!」でオーケー。
シツコイ人には比較的強めに「NO!」明確な意思表示が大切でありんす。

f0160958_23261652.jpg


ローマ市内は路駐天国、歩行者のスペースよりも車の方が多く場所をとってます。
もちろん全ての通りがこうなってるワケでないが、歩きにくい通りは多いです。
ここから「トレビの泉」までは目と鼻の先なので、またも歩いて行く事にする。

f0160958_23581134.jpg


続く・・・。
[PR]
by selfish555 | 2013-06-18 23:58 |   ITALY

イタリア旅行記① ~ローマ編~ バチカン市国

/////1日目 関空~ローマ/////

5月30日~6月9日の日程でイタリアに行ってきました。
旅程はいたってシンプル!ローマ⇒フィレンツェ(〇〇〇)⇒〇〇〇⇒ローマ。
〇〇〇は現時点では伏せておきます。日本人観光客は少なかったです。

2月某日、H.I.Sで買ったチケットは購入後2週間でスケジュールの変更があった。
出発日、関空のアリタリアカウンターでチケットを発券するとまた変更になってた。
13:05⇒13:25 / 13:25⇒13:15 荒てる時間でないが直前の変更はヤだなぁ~。
念のため海外旅行保険「A.I.U」で滞在分の保険に夫婦で加入しておく。

12時間のフライトを経て無事にローマ・フィウミチーノ空港に着陸(同日の19時頃)。
ドキドキの入国審査「日本人はアッちでと言われて行ったトコは全くのスルー」であった。
この時はまだ夢の中にいるようで、イタリア(非日常)に居る実感が全く湧かない。
現地時刻はもう20時を回ってるというのに外はまだ昼間のように明るい。
空港からテルミニ駅までは直行の「レオナルドエクスプレス(1人€14⇐高い!)」に乗る。
f0160958_1652318.jpg

列車に乗る寸前でトラブル?
オイラの後ろにいたアメリカ人青年がコケで左肘から大量の血を流している。
テンパってる!腕を上げるように言って、とりあえず列車に乗り込む事にした。
傷はパクっと2cmほど割れている。急いでヨメさんにティッシュをもらって止血。
だが足りない、周りを見ると女性たちが「次は私!」とばかりに身構えている。
パニくる程の傷でも出血でもないが、本人は興奮してパニックになってる。。。
オイラよりも女性の方がエエね(笑)女性達に代わってもらって本人もホッとしただろう。
f0160958_1701999.jpg

列車は30分程でテルミニ駅に到着。列車を降りるとそこはもう異国、実感が湧いてくる。
観光王国のイタリア、多種多様な国の観光客が入り乱れていた。北米とは違う雰囲気だ。
ホテルに向かうべく外に出ると、ホームレスがお金やタバコを貰おうと近寄ってくる。
ホテルに向かうべく外にでると、ゴミがアチコチに散乱し、石畳の隙間は吸殻だらけ。
道路は路駐の嵐、行き交う車は歩行者にも容赦なくクラクションを浴びせて来る。
f0160958_1774830.jpg

予約していたホテルは「HOTEL TOKYO」テルミニ駅の近くである事と価格で決めた。
イタリア人経営でイタリア語しか通じなかったが予約確認書を見せて難なくチェック・イン。
出国前にメールでフライトの関係で遅くなると予めメールしておいたので問題は何もなかった。
(チェック・インが遅くなる事を伝えておかないと、予約してても断られるホテルがあるそうです)
言葉の壁はあるが無いようなもの、スタッフの方達はとってもフレンドリーで優しかったです。
オイラらの部屋は14~5畳程の広さで、シャワー・トイレ、朝食付き(近くのBARで)1泊€90。
f0160958_1719187.jpg

ホテルは無料のwifiが使えるのでパスコードを教えてもらってiphoneで翌日の天気を調べる。
明日の天気は「雨曇り晴れ」の予報だ。「イタリアの天気予報は当たらない」と言う噂。
この時期は季節的にも雨は少ないハズだし、とにかく晴れてくれる事を祈るばかりである。

/////2日目 ローマ・110openBusに乗る/////

朝は旅の疲れもなく普通に目覚める。気分は上々!天気も上々!少し寒いが気持ちイイ。
フロントで朝食チケットをもらって近所のBARへ朝食に行く。朝からうるさい街だ。
f0160958_22194867.jpg

イタリア人はゆっくり朝食を食べない、エスプレッソとクロワッサンを食べ5分程で出て行く。
しかも座らずにカウンターで立ったまま食べる。テーブルに座ってるのは観光客だけ。
1杯のコーヒーにクロワッサン、朝食を終える間に何人のイタリア人が入れ替わったろうか。
BARでコーヒーを注文すると必ず「エスプレッソか?」と聞かれるので「アメリカーノ」を注文。
f0160958_174459100.jpg

今日は「110open」という2階部分が「オープン」になったバスでローマを周遊する。
テルミニ駅の「タバッキ(タバコ屋)」にバスのチケットを買いに行く。が、置いてない。
直接バス乗り場へ行ってくれと言われた。駅前のバスターミナルの係員が売っていた。
路線バス(ほぼ寿司詰めだった)や地下鉄でも良いのだが、ここは「観光気分」で。
地下鉄や路線バスは安いが、110openなら単なる移動ではなくて景色も楽しめる。
110openのような周遊バスなら主要な観光地はほぼ押さえてくれてるので楽チンです♪
f0160958_1752347.jpg

オイラらは平日ルート(休日は点線も走ります)で丸1日乗り放題チケット1人€15。
f0160958_20542510.jpg

f0160958_2142446.jpg

f0160958_18241575.jpg

f0160958_18432422.jpg

f0160958_2041462.jpg

f0160958_20445040.jpg

f0160958_2111065.jpg

f0160958_2152396.jpg

f0160958_2112343.jpg

コロッセオは朝早くにもかかわらす観光客でごった返している(ココは明日見学予定)。
とりあえず駅まで1周する予定だったが、バリカン市国に近くで降りた。
この付近は修行僧?が多く「大聖堂はドコ?」と様々な国の方に聞かれたりします。
カトリックの聖地、日本で例えるのなら「お伊勢参り」に相当するのだろうか。
f0160958_21283048.jpg

さてさて何の「入国審査」もなく、なんなくと入国してしまった世界最小の国、バチカン市国。
行ったはいいものの「何かのイベントの準備」をしているようである。ツイてないなァ~。
(後日、ローマで大司教のパレード?があったのをニュースでやってた)
サン・ピエトロ寺院の見学は超大行列だし。並んだら2時間は軽くかかるだろうなァ~。
オイラ夫婦は特に美術館や博物館、教会等興味が無いので並ばずに「出国」した。
「アンケート部隊」も多いし、捕まったら厄介だと思って数枚写真を撮って早々に出た。
(何かの署名を求めてきて「寄付金」を払え、というやつ「ほら日本人も書いてるよ!」)
バチカンで面白いのは警備に携わっている人が「スイス人衛兵」であると言う事。
f0160958_2143183.jpg

ここからはバスに乗らず、スペイン広場まで歩いて行く事にする。まだ朝の10時である。

続く・・・。
[PR]
by selfish555 | 2013-06-16 21:12 |   ITALY