カテゴリ:  北海道・東北( 16 )

VIBES MEETING 2012 in 岩手 (下)


バイクが調子を取り戻し、失った2時間を取り戻すべく走る。
何より陽が暮れる前に会場に着きたいし。

東北を訪れるのは5度目、この時期にここまで北上するのは初めて。
まだ10月初旬だと言うのに秋の気配がする。少し紅葉が始まっていた。
山間部に入り太陽が山に遮られると、グンと気温が下がる。数値以上に寒い。
風呂に入る予定は無かったが、予想以上に寒い!体はまだ夏モードか。
休憩で寄った「道の駅 雫石あねっこ」に温泉施設がある!迷わず入浴。
バツグンにいい温泉で体の芯から温まった。ポカポカしてるが汗をかかない!
温泉から出るともう陽は落ちていた。会場までは湯冷めしないようノンビリ走った。
会場に入る前から長距離を走ってきた達成感で心の高揚は抑え切れなかった。

わざわざ遠くに、たった2泊3日(会場には1泊)で、何で行くんだろうね、、、

会場での出来事は割愛します。

大阪のY君とヨメさんのお土産探しで出店エリアを物色。
ヨメさんにはネイティブ系?のピアス、オイラのお土産は、

家に帰れば10本以上在庫があるのに予備用のスパークプラグを2本買った(爆)

翌朝、バイクの駐車場で滞在時間たった30分の岡山からのMさんと連絡とって久々の再会。
こう言うトコ(遠くって意味)で会うって超楽しい。話したのは15分ほどだがテンション上がってた。

帰りは「せっかくなので何か食べよう!」
f0160958_20133753.jpg
#iPhone あっ!携帯電話のカメラあったんだ!(笑)

「横手焼きそば」を食す。

B級グルメの雄「横手焼きそば」とりあえず横手駅へ行ってタクシードライバーに店を教えてもらった。
行った店は何度もチャンピオンになってる店だった。味は食べてみて下さい。美味いですが甘いです。

その後ツーリングマップルを見ながら「マジックでなぞってない道(走ってない道)」を走る。
山形県新庄市から最上川沿いに酒田市へ抜け、予め予約しておいた「庄内夕日の丘キャンプ場」へ。
このキャンプ場は庄内空港が道路1本隔てて見下ろせるキャンプ場なのだ(今回で2回目)。
「超久々の独りキャンプ」は疲れの為かチューハイ3本で早々に撃沈してしまった。
キャンプ中、出発するまでに4度の離発着があった。流石にかなりの騒音でウルサイ。
それでも子供達は柵に上って両手で耳を塞ぎながら飛び立つ飛行機に見入っていた。
オイラらが小さい頃「パイロット」はなりたい職業でトップクラスだったと思う。

今の子供達は将来何になりたいんだろう?

目を輝かせながら飛び立つ飛行機を見て「パイロット」は頭に浮かんだのだろうか?
ちなみにオイラは「プラモデル屋さん」小学生の頃はラジコンとかプラモデルが大好きだった。

f0160958_20284224.jpg
#iPhone 見にくいですが、中央付近に「ANA」の機体が写ってます。

翌朝、近くでテントを張っていた熊本ナンバーのオジさんにコーヒーをゴチになり、しばし談笑。
昨晩はオイラが撃沈してからテントに帰って来たようだった。温泉に行って道に迷ったそうだ(笑)
仕事を引退されて「ようやく奥様の許可をもらって」3ヵ月限定の放浪ツーリング中だった。
そのオジさんの「今回の」最終目的地は青森県の大間崎、いつか北海道を奥様と走るそうだ。
オイラが知りうる限りの東北の情報(走りやすかった道等)を教えてあげて、キャンプ場を後にした。

後は高速で帰るだけだが「最後にオマケが2つ」北陸自動車道を南下中、長岡JCT手前で

マフラーのボルトが外れる(爆)

外れたのはシリンダーヘッド側ではなくてステー側、路肩に停めてさっさと修理。
こんな事もあろうと排気系の予備のボルト・ナットは常に2セットずつ持っている(笑)
マフラー用のボルト・ナット以外にもステンレスの針金も常時持っている。
これまで何度も緩んだり外れたりしてる。気が緩む「旅後半」に外れる事が多い。
入念に「ダブルナット」にしておいたのに・・・時々緩んでないか点検したのに。
「入念に」ここに悪魔が潜む。「ちゃんとやってある」「対策してある」www。
こうゆー時に限って路肩が狭いんだな、、、かなり怖かった、、、。

ちょっとイラつきながら運転していたら

間違って関越道を走っていた(爆)

気がつくのにかなりの時間を要した。関東のナンバー増えたなァ~って(笑)
「六日町IC」で事情を説明して、Uターンさせてもらった。120kmと1時間半パァー!
上下線共に関東方面を優先にしてあるので、そのまま自然に流れてしまった。
このせいで途中でガス欠し、再度路肩に停めて予備のガソリンを3L補充した。
今回は念には念を入れて1,5Lの燃料ボトルを2本用意しておいたのだ。
マフラーに高速の間違いでイライラは最高潮、ガソリンの事など頭になかった。
後はSAを1つ飛ばしで走り、20時過ぎ無事帰宅。

ちゃんちゃん!
[PR]
by selfish555 | 2012-10-14 21:06 |   北海道・東北

VIBES MEETING 2012 in 岩手 (上)

ハーレー雑誌「VIBES」主催のバイブスミーティングに行ってきました。
今回の会場は岩手県岩手郡雫石町にある「岩手高原スノーパーク」だ。
オール高速ではなく新潟県から下道で日本海側を北上するルートを選んだ。

あらかじめ書いていきますが、


せっかくなので寄り道して鳥海山の写真を撮ろうと、一眼レフカメラ持って行ったのに電池が切れていて、ただの一枚も写真がありません(爆)!


今回はソロで会場へ向かった。ヨメさんは鹿児島のディラー時代のお客様とツーリング。
3連休を利用して福井の東尋坊等の観光で志布志からフェリーで来ていたそうだ。
そういえばバイブスミーティングにバイクで行くのは3年ぶりだ!天気も良さそう!

金曜日の夜9時に出発し終点「朝日まほろば」近くの「道の駅朝日」に朝4時頃到着。
元々交通量の少ない北陸道は深夜ならなおさら、寒かったが走りやすかった。
道の駅には先客が居たのだが、なんと1日早く出発した大阪のY君だった(笑)
仮眠後で出発の準備中。一緒に走ろうと誘われたが眠くて仮眠をしたかったので断った。
革ジャンを着たまま地面に横たわり、ちょうど2時間程だろうか仮眠をとり出発!

意気揚々と出発したが1時間も走らないウチにエンジンが止まってしまった(笑)。
点検するとプラグが真っ黒だった。予備と交換し少しキャブを絞って出発。
で、出発後5kmも走らないくらいで再度エンジンが止まってしまった。
何度もキックしてやっとエンジンがかかるがアクセルを戻すとエンストしてしまう。
2度のエンストは共に信号待ちの時、アイドリングしなくなってるようだ。
走行中は特に異常を感じる事はなかった。春に悩まされた「くしゃみ」も解消してる。
でも要修理!バイクを押して近くのコンビニの駐車場に入り、とりあえず一服し、、、

「なんでやねん!(爆)」

症状的にキャブの不調だと思い、コンビニの駐車場でオーバーホール開始(笑)
パーツクリーナーがないのでティッシュを買ってガソリンを浸み込ませて掃除した。
キャブのピストンの潤滑には応急処置としてエンジンオイルを利用した。
フロート室まで点検したがキャブは特に問題ない。でもエンジンがかからない。
プラグを外してみると真っ黒!たった5kmでプラグが真っ黒になっていた。
点火系の不良かぁ???

もう予備のプラグがない・・・

今回は最低限の工具と予備パーツ、、、予備のプラグはいつも2本だけ。
余談ですが、出先のトラブルでスパークプラグを交換するのは今回が初めて。
プラグの掃除がしたい、近くにガソリンスタンドか自動車屋でもあればなぁ~・・・

考えてもしょうがないのでガソリンを染み込ましたティッシュで掃除(爆)

ガソリンで濡れたプラグが乾くまでの間にポイントカバーを外してポイントの点検。

ありゃりゃ・・・何とまぁ~ちゃんとポイントが開いてないやんけ!

毎年点検してるし調子良かったのに、、、原因はコイツだろう・・・。
ポイントギャップが狭くなったのはポイントのヒールの磨耗だろう。
接点が少し荒れていたが、サンドペーパーないし、気持ち広めのポイントギャップに。
サクサクっと調整し、コイツも応急でカムにエンジンオイルを1滴垂らしておいた。
んで見事に復活!キャブを再調整して出発した。トータルで2時間ロスってしまった。
これまた余談ですが、出先でポイント調整したのも初めて(コンデンサーは換えた事ある)。
出先で初めての修理が2度も(キャブは北海道でバラした事ある)、やな予感・・・。

コンビニの駐車場にガソリン臭いティッシュが散乱し「アイツ何やってんの?」の冷たい視線に屈する事無く修理した(笑)

ガソリンを染ましたティッシュは後で給油したスタンドで処分してもらった。

続く・・・
[PR]
by selfish555 | 2012-10-13 15:04 |   北海道・東北

北海道へ想いを馳せる

f0160958_2045533.jpg
初めて(バイクで)北海道を訪れた2002年当時の旅程。
0日目、(仕事)自宅~舞鶴港~小樽港(新日本海フェリー)

1日目、小樽~宗谷岬~クッチャロ湖(キャンプ泊)

2日目、音威子府~旭川~湧別(道の駅泊)

3日目、サロマ湖~網走~摩周・屈斜路湖(キャンプ泊)

4日目、知床~野付半島~開陽台(キャンプ泊)

5日目、根室~ノシャップ岬~霧多布岬(キャンプ泊)

6日目、厚岸~釧路~阿寒湖~上士幌(キャンプ泊)

7日目、帯広~富良野~(美瑛)中富良野(キャンプ泊)

8日目、美瑛の観光(中富良野のキャンプ場で連泊)

9日目、富良野~支笏・洞爺湖~小樽港(新日本海フェリー)

何も決めずにフェリーに乗った。下船し皆が走る方向へついて行った。
ついて行くとオロロンラインを走り納沙布岬~宗谷岬に着いた。感動!
その後は無計画で走り最終目的地の富良野に着いた時は心がシビれた!

*トラクターの写真は2008年に南富良野で撮ったものです。


f0160958_12229.jpg
#CANON IXY(フィルム)
(上)中富良野 (中)オロロンライン (左下)標津町の路上で*キャブオーバーホール (右下)遠くに見える利尻島
*夏セッティングのまま冷夏の北海道でクシャミ多発、とうとう調子を崩しエンスト(SUキャブ)。
 着替えの靴下にガソリンを染み込ませキャブを掃除、エンジンオイルを潤滑剤とした。

久々に昔の写真を見て気がついた「自分のバイクを景色に入れてる写真」が多い事に。
行った事がない土地、知らない場所へ行くのが好きだった。「記念写真」が多かった?
あの時の心の高揚感はドコへ行っただろう?道具は進化し(デジタル一眼)バイクも変わったのに。

「おっ!いい景色!」と思ってバイクを止める、写真を撮る、エンジンを始動し出発する。
それがショベルになってエンジンをキックスタートにしたから面倒くさくなったのか?(笑)⇐まんざらでもない
一眼レフを買ってしばらくは持って行きたくて荷物を減らし振動や雨で壊れないように養生する。
それが「出発初日が雨」「キャンプ道具を沢山持って行きたい」⇒「一眼レフが邪魔」となる。
言い訳を考えだすとキリがないなァ~・・・

観光地とか一度行って(走って)写真を撮ってしまうと、次に来ても写真を撮らなくなる。
何故だろうね???過去に撮った写真がヘボでも改めて撮り直す事はしない。面倒だからかな?
写真は好きだけどバイクで走る方が好きなので、全然写真を撮らないのだろう。
写真は好きだけど現実逃避できる旅行に行ってるだけで「お腹がイッパイ」の幸せ者なのだ。
travelster師匠の影響で写真に興味を持ったけど最近は一眼を持つことすら億劫になってる。

02年から08年(2006年はバイブスMTGで)までほぼ毎年北海道へ行き富良野へは必ず行った。
それにしても富良野に行きたい、何だろうね?この気持ちは何で富良野なんだろうか・・・。
走りたいのはダントツでオロロンライン、行きたいのはダントツで富良野(美瑛)。
食べ物は美味しいし空気もイイ、信号機も少なく直線も長い、まさにライダー天国。
「北海道」って寒い土地だけど、温かい(暖かい)気がするのはオイラだけでないだろう。
[PR]
by selfish555 | 2012-07-08 00:58 |   北海道・東北

富良野を想う

f0160958_1912482.jpg
#8,2008 furano,HOKKAIDO / Nikon D80 (トイカメラ風にアレンジ)


梅雨時期になると北海道が恋しくなる。フェリーの予約は2ヵ月前の同日から。

例えば8月5日のフェリーの予約は6月5日から。6月はフェリーの予約出来る月なのだ。

初めて「バイクで」北海道へ行ったのは2002年、冷夏で宗谷岬の気温は9℃だった。

オイラが北海道で一番好きな場所はダントツで「富良野」である。

特別「北の国から」のファンではないが、何故か富良野には強く魅かれた。

初めて北海道を訪れてから毎回必ず富良野に行き、しかも絶対に2泊以上。

オイラの中では今でも「北海道=(イコール)富良野」なのだ。
[PR]
by selfish555 | 2012-07-01 19:29 |   北海道・東北

北の国へ ~帰路~

f0160958_033581.jpg

北海道最後のシメは?やはり「スープカレー」でしょう。
札幌市にある「マッサーラ」ってお店のスープカレー。ゴッツ美味い!!!
f0160958_034596.jpg

f0160958_094294.jpg

#PENTAX K20D

帰りのフェリーってスゴク寂しい。18時間も何もせず思い出に浸ってしまうから。
そして「また来年絶対に北海道に行こう」って決意する。。。

今年もいい出会いがあった。だから旅はやめられない。

何の本か忘れたし、いつ読んだのかも覚えてないので記憶は曖昧だが~人生の中で他人と出会う数ってのは平均して1人当たり300人くらいで、多い人でだいたい1000人くらいだそうだ(数値はうる覚え)~。例えば1000人が通学してる学校に通っても999人全員と友達になったり話したりはしない、ってかできない。先生や事務の方たちも居るし。卒業アルバム見ると他のクラスとかで「誰?居た?」みたいな人が必ず居る。自分も他のクラスのヤツらにそう思われてるかもしれない。

そう考えると生まれ育った環境や仕事にもよるが出会いの数が「平均300人」ってのは納得できる気がする。自分は不器用で人付き合いが上手い方ではないしナカナカ心を開かないが、振り返ると出会いには恵まれてる気がする。「いい出会い」になるか「悪い出会い」になるかは紙一重だが、どう転ぶかは自分次第だと思う。「あっこのタイプ苦手かも」と思っても話すと意外とイケたりする(笑)かも。

いい出会いも悪い出会いも必ず人生の糧になると思う。十人十色の人生と経験と考え方と性格と。
[PR]
by selfish555 | 2008-10-01 00:10 |   北海道・東北

北の国へ ~美瑛 その弐~

f0160958_0102810.jpg
f0160958_0104228.jpg

f0160958_012456.jpg
f0160958_0121357.jpg

#PENTAX K20D

やはり富良野&美瑛は大好きなトコ。時間的に余裕があればもっと散策したかった。
日本人は「マジで働きすぎ」だと思う。
給料増えないしもっと休日があってもいいとちゃう???
[PR]
by selfish555 | 2008-09-22 00:40 |   北海道・東北

北の国へ ~美瑛~

朝、帯広を出て狩勝峠を経由し寄道をしながら早めのキャンプイン。
北海道に来れば必ずキャンプする「中富良野森林公園キャンプ場」
このキャンプ場にはイロイロと思い入れがあり沢山思い出がある。
f0160958_238338.jpg

f0160958_03154100.jpg

#PENTAX K20D

夕方、富良野で働いてる友人に会う約束があるが少し時間があるので「弾丸トラベラー」で美瑛に行った。中富良野~美瑛の往復と中富良野~富良野市へ下がる移動距離を計算すると、美瑛に滞在出来る時間は30~1時間程しかない。ゆっくり「丘巡り」出来なかったのが残念。適当に「迷わないように」走ったダケ。最低コレだけわ写真撮りたい!と思ってた「牧草ロール」が全然無かった・・・もう片付けた後だった。自然は待ってくれないよなぁ~2~3日早く美瑛に来てたらあったかも。でも2~3日早く来てたら雨だった。美瑛からの帰りに少しだけ「かんのファーム」さんに寄った。寄るつもりはなかったが国道沿いで目に飛び込んでくるあの色彩、無意識で左のウィンカーを出してた。美瑛の丘より観光客が多いかもしれない。
[PR]
by selfish555 | 2008-09-19 00:24 |   北海道・東北

北の国へ ~富良野~

天気はいいのだがポツポツ雨にやられる。とーっても「変」な天気だ!
久々の青空にもかかわらず気分は今一歩って感じ。。。「また雨?」

帯広のMさんファミリーに教えてもらった農園でお土産にメロンを買う。
富良野に入ると国道沿いは「〇〇農園」「〇〇メロン」の看板が多い。
でもオレは結局何も買わなかった。
f0160958_2284866.jpg

超カッチョェェェェ~トラクター発見!!!
オレが乗ったら似合うだろうなぁ~(笑)コレ現役???
f0160958_22122072.jpg

#PENTAX K20D

今年の北海道の観光客は例年の4分の1くらいだったそうだ。海外旅行も10%くらい減。
今は落着いたが「ガソリン代」この時北海道で給油した最高値はハイオクで1L203円、最安値は1L183円、ハイオクが大好物のハーレー乗りには痛い出費だ。実際1週間のツーリングでガソリン代は3万円を超えた。フェリー代も高かったがやはり「趣味」にはお金を惜しみたくない。旅行用に貯めてたし!海外旅行に出かける場合「燃料サーチャージ」がモレナク付いてくる。今年の夏休みは「電車料金込みの温泉旅行パック」がバカ売れだったそうだ。
「金は天下の回りモノ」オレら消費者が「ちょっとでも」出費を抑えてタンスor銀行に金をチャージして使わないと、その分世の中で流通するお金が減る。と?結局はまわり回って自分の給料も減る(増えない)事になる。給料が増えない(下がる)と更にお金を使わなくなる!だからといって金をバンバン使えるほど先行きは明るくない。やっぱり政府がしっかりして「年金問題」「後期高齢者医療制度」を見直さないといけないと思う。もらえるか分からない年金を払うより「貯金したほうがマシ」なんて考えてる人もいるくらいだ・・・無駄使いを減らすより「増税」の事ばかりに頭を使う政府じゃ景気なんかよくなるはずがない。将来の不安が消えない限り「(フ)の連鎖」はなくならないだろう。皆もタマにはパーっとお金を使おう!世間に流通するお金を増やそう!そうすれば雇用も増えて給料も上がるハズだ!
[PR]
by selfish555 | 2008-09-12 22:47 |   北海道・東北

北の国へ ~南富良野~

バイクの修理に時間を使い、キャンプ場を出たのは正午。
でも美幌から帯広までは近いので慌てることはない。

彼女の帯広の友人(Mさん)ってのは、昔ワーキングホリデーで日本人が経営する飲食店で一緒に働いてた人(そのまま海外に残り仕事をしてて都合で3年程前に実家がある帯広に戻ってきた)だそうだ。で、Mさんに会いに行く前にご両親に会いに行く事にした(ワーキングホリデー時代にMさんのご両親とは面識があり昨年も遊びに行ってる)。今夜は適当に帯広市内のホテルに入り「自然」ではなく「鉄筋コンクリート」の中で夜メシを食べる予定だ。特に寄りたいトコもないし「いつ雨が降るか分からない天気」なので適当に休憩しつつ帯広へ向かう。

夕方、帯広市内に入ったトコでポツポツ雨が降り始め、土砂降りになる寸前でMさんの実家に到着。アポなしで訪問したにもかかわらずとても温かく迎えてくれた。イロイロ話してたら「雨降ってるし今晩はウチに泊まっていきなさい!」と。せっかくのご厚意だが手土産も何もない状態だったので断ったが断りきれず一晩お世話になる事にした。大雨がもたらした出来事だ。ご主人は仕事で遅くなるそうなので3人でMさんが働いているお店に晩メシを食べに行き、家に戻ってからは帰宅されたご主人も交えて「オレらが知ってる北海道」と「地元の人じゃないと分からない北海道」トーク。晩酌に「アタリ年」の十勝産赤ワインをご馳走してくれた。遅くまで話に花が咲いたのは言うまでもない?

翌日は狩勝峠経由で「富良野」へ。やっと晴れた!雲は多いけどとにかく「晴れた」。
狩勝峠を下りて南富良野へ入ると、そこはもう秋だった。ひんやりした風が心地良い。
f0160958_21203480.jpg

f0160958_21205297.jpg

#PENTAX K20D

北海道を旅してると出会いってのは沢山ある。行き先とか知らないのに同じ人に何度も会ったりする(笑)
帯広のMさんファミリーには本当にお世話になった。一宿一飯のご恩は決して忘れません。
そういえば過去何年も旅してきて「家庭に泊まった」のは初めての経験だったなぁ~。
お土産に地元の北海道でも手に入りにくいと言われる焼酎を頂いた。本当にいいのかな???
f0160958_2120156.jpg

#CASIO G’z one
[PR]
by selfish555 | 2008-09-10 21:53 |   北海道・東北

北の国へ ~修理~

直結しないとセルモーターが回らない彼女のハーレー・・・・・
今後の行動を考えこのキャンプ場で修理する事にした。

「みどりの村森林公園キャンプ場」の管理人のおっちゃんは昨年も泊まったオレの事を覚えててくれた。ってのは昨年もこのキャンプ場には女性と泊まった。といってもウチのオカンくらいの年齢だが(笑)。同じクラブのメンバーで宗谷岬で偶然会って、その日は名寄で別の知り合いと3人でキャンプして翌日にこのキャンプ場にキャンプイン(この日は2人)。このキャンプ場に来て受付した時「夫婦」だと思われてて、その日はそのままダマして翌日打ち明けた(笑)

若いの捕まえましたねェ~
そうでしょ~!
ご夫婦なんですか?
いずれそうなります!
あぁ~そうなんですかぁ・・・・・!

「ハトが豆鉄砲を食らったような顔」をしてたのは言うまでもない。
ココへ来る途中に寄ったのドライブインとかでもダマしてた(笑)皆一様に同じ顔をしてたから面白い。
f0160958_21315226.jpg

#OLYMPUS μ720sw

余談はこのくらいにしておこう・・・・・
おっちゃんに事情を話しデカイ炊事場の一角に「他の利用者の邪魔にならないように」バイクを入れさせてもらい修理を開始した。電気系のトラブルなんで「テスター」が欲しい。おっちゃんにテスターがあるか聞いたら持ってた!(アマ無線が趣味で車に工具が沢山あった!)で、色々点検した結果、原因は「スターターリレー」内部に水が入り接点が腐食してた。原因は分かったが「部品交換」しか道はない(毎度毎度直結する訳にもいかない)、そこでイロイロなバイク屋に電話しまくり部品の在庫を聞いた(お盆でほとんど休みやった)帯広のバイク屋さんが在庫を持ってるとの事で事情を説明しキャンプ場まで宅配便を頼んだトコ、快くオーケーしてくれた。これで一安心だ。バイクが故障しなくてもキャンプ場には連泊予定、このままドコにも行かずまったり過ごすことにした。

f0160958_2211583.jpg

#某携帯カメラ

翌日の朝10時くらいに部品が届き無事に修理完了!
おっちゃんと3人で記念撮影し「またくるねェ~」
キャンプ場を後にし彼女の友人に会うため帯広へ向かう。
[PR]
by selfish555 | 2008-09-08 21:37 |   北海道・東北