カテゴリ:未分類( 3 )

イタリア旅行記⑲ ~オルヴィエート~

/////8日目 Night town,orvieto /////

気が付いたら3月が終わってしまいます。今日久々に仕事を休んだ。
先週の3連休、ヨメさんと温泉に行く予定だったが仕事でツブれた。
まだまだ仕事はパンパンですが、心身少しは休まないとヘトヘトです。
せっかくの休日も雨でする事がないので久々にブログを書きます。
仕事だらけでネタがないが、心強い「イタリア」編でいきましょう(笑)
f0160958_17355526.jpg



超絶美味いカルボナーラに肉料理、もう思い残す事はありません。

時間とお金が許すならもっと旅行していたいのは言うまでもないが。

だが「限られた時間と予算」だからこその楽しみもあると思う。

f0160958_17363078.jpg



夜の街をフラフラ、大通りに戻ってくれば(気持ち)安心する。

何故か今夜は騒がしく人が多いなぁ~(実は昨夜1人で夜の街を散歩した)。

町の中心部で子供のファッションショーが行われていた。

ドゥオーモ周辺に用意されていた機材はこの為の物だったのか。

「親バカ」はドコに行っても同じですね。

f0160958_17382783.jpg

f0160958_17531995.jpg


「中世の面影を色濃く残す」町並みにもそろそろ飽きてきました。
ちょうどいい具合で、明日は最終日、ローマへの移動日となります。
ローマでは何も予定がありません。適当に露店巡りなんかしようかな。
次でちょうど20回目になるので、イタリア旅行記を締めたいと思います。

続く・・・
[PR]
by selfish555 | 2014-03-30 17:44

イタリア旅行記⑱ ~オルヴィエート~


/////8日目 Torre del Moro /////


町の真ん中に大きな時計塔がある。どうやら登れるようだ・・・ゾ

塔に登るのがクセになったようだ(笑)1階の本屋でチケット(1人€2.8)を買う。

ヨメさんは嫌がっている。それもそうだ今日はかなり歩き回ったなぁ。

そう言うオイラも膝が笑っている。太ももはパンパンに張っている。

それ程高い塔でもなさそうなので頑張って登ろう!

f0160958_21165842.jpg



古い階段は撤去され、新しい階段が設置されている。

サンジミニャーノ程の感動は得られなかったが気持ちいい。

何というタイミングの良さ!時計の鐘が鳴りだした。

ハリーポッターがほうきに乗って現れても不思議ではない。

「車」さえ視界に入ってこなければ中世そのままの景観だろうなァ~。

f0160958_21172157.jpg

f0160958_21175531.jpg




一旦ホテルに戻り荷物を置き、レストランを予約した時間を待つ

今宵はお目当ての「Trattoria Mezza Luna」で夕食を

少し奥にあるレストランは場所が分りにくい。

日が暮れると人通りも少なく少し怖い。

ここも地元民で賑わっている。

f0160958_21332384.jpg



周りのテーブルを見るとほぼ全員同じものを食べている。

謀ったようにカルボナーラとステーキ(カツレツ)だ。

この2品がこの店の看板メニューなのだろう。

オイラらも迷わずカルボナーラとカツレツを頼んだ。

とにかくデカイのでとりあえず2品にした。食べきる自信が無い。

f0160958_21421146.jpg

f0160958_21422498.jpg



書くのが面倒なくらい美味いっす(表現力不足)。

カルボナーラ(パスタ料理)も肉も旅行中で最高。

塩加減が絶妙のベーコン、特濃なのにしつこくないチーズ。

麺のゆで具合も何もかも完璧な一品です。トリュフも効いてます!

赤身中心の肉ですがワインに漬けてあるのだろうか、すごく柔らかい。

一見固そうだがスルっとナイフが入る。見た目程クドくなく食べやすい。

複雑な味付けは一切ない。肉そのものの旨味が凝縮されている。

2品で満腹、他の料理が入る余裕が無い!名残惜しいが店を出る。

パスタやピッツァも良いがトスカーナでは肉を食べるのがオススメ。



イタリアのレストランに行くと必ずミネラルウォーターが出て来る(もち有料)。
だが必ず炭酸水か聞かれる。もしくはこちらが何も言わないと勝手に炭酸水が運ばれてきます。
何故だろうと思ったが深くは考えなかった。だが普段飲むクセがないので頼んだ事が無かった。
このイタリア旅行のブログを書き始めて色々調べてようやく「炭酸水」を飲む理由が分ったのだ。
イタリア料理は味が濃い料理が多いから、口の中を「リセット」させる為に飲むのだそうだ。
この理由を知っていれば旅行中ずっと炭酸水を飲んだだろう。理由を知らないのとでは大違いだ。

でも一度だけ炭酸水を飲んだ。それはフィレンツェの「アルマンド」と言う人気店で。
隣でステーキを食べていたオジイさんが「沢山余ったから飲んで」と譲ってくれたのだ。
普段何の味もしない炭酸水なんて飲まないので慣れてなくて半分も飲めなかった。
ワイン飲んでるからそんなに気にしなかったが炭酸水の効果は絶大なものがあるだろう。

続く・・・。
[PR]
by selfish555 | 2014-02-16 21:46

広島へ (上)

広島に行くのはいつ以来だろう・・・
九州へ行くのに高速道路で良く通るが。観光となると、、、約10年ぶりくらいかな。
当時は江田島ある「旧海軍兵学校」の見学(大和ミュージアムはなかった)がメイン。
で、先に日帰りで宮島へ行き、原爆ドーム・平和記念公園・原爆資料館の見学し帰路についた。
あの時は2泊3日の強行日程。一人だし体力あったし適当に野宿しても全く苦にならなかった。


5月2日朝、スーパー不機嫌のヨメさんを起こし7時に出発。
予報通りの雨、広島に着くまで止む事は無かった。5月の雨は冷たい。
雨天時の走行は一度休憩すると「嗚呼、、、雨の中走るのか・・・」と出発したくなくなる。
休憩を減らし高速道路サービスエリア1つ飛ばしで3度の休憩で15時過ぎ広島市内に入った。
ヨメさんも一緒なので高速道路はだいたい80~90km/hのややスローペース気味での走行。
雨でも「シールドをしない」オイラにはありがたい。高速の雨粒はビンタを喰らってる様に痛い。
初日はホテルを予約してあるのでキッチリ体を休める、雨の止んだ夜は繁華街へ繰り出した。

今回は別に旅の同伴者が居る。福岡のMちゃん、ヨメさんを姉の様に慕う。オイラは初対面だ。
昨年10月に念願のハーレーを購入、ヨメさんとの出会いは10年前の「長崎ハーレーフェスティバル」。
一時期、諸事情によりバイクを手放すも「バイクに乗りたい」その気持ちはずっと持っていた。
「気持ちを持ち続ける」とても大事な事だ!!!「実行する」更に大事だ。



ここ何年かで(ヨメさんと結婚してから)旅先でキャンプ場に行かずにホテルに泊まるパターンが増えた。
それはそれで楽しい。体も休めるし、何より知らない土地の知らない料理を食べれる。
居酒屋のメニューを見て「何か分らない料理」「食べた事がない料理」を注文するのが楽しみとなっている。
「飲みに行って帰れる」キャンプ場だとそうないかない。なんせ自分で料理しないといけないから。
走って走って走りまくって夜はテキトーに公園や駅のホームで寝る旅はもう過去の旅となった。
キャンプで料理を作って自然の中に身を置く事は大好きであるが、だんだんヘタレてきている(笑)

5月3日
早めに起床し朝食バイキングを堪能した後、ホテルの駐車場にバイクを置いたままにし平和記念公園に行った。
歩いて行ける距離のホテルを予約しておいたのだ。当日はフラワーフェスティバルがあり通行規制されるから。

f0160958_13445381.jpg

f0160958_13565511.jpg


復興した広島市を見守ってきた。広島の象徴であり原爆の象徴。2度と同じ建物を作ってはならない。
原爆が炸裂したのがちょうど「原爆ドーム」付近の上空600m。
資料館に見学に行ったのだが、前回同様見てられなくなり早々に見学を打ち切った。
中に居る外国人に意見を聞こうとしたが「ヨメさんに大反対」された。
ほとんどの日本人と同じように原爆は「戦争を終わらせる為」と言う認識なのかどうか。
ただ、「しょうがない」ですむレベルの被害や死傷者数ではない。長崎も含めて2発落とされてる。
長崎の資料館も見学に行った事があるが、こちらも広島同様に言葉に出来ないくらいの状況だ。

原爆は沢山の候補地があり地形や建築物等々、どんな被害になるかの「実験」だと聞いた事がある。
広島と長崎に落とされたのは気象条件等の偶然であった。
決して戦争を終わらせる為ではないと思う。それならもっともっと早くに東京に落とせば終わってた。
ふと考えたのだが、
「沖縄戦」で降伏してたら原爆は落とされなかったんじゃない?と。
硫黄島やサイパンが陥落し、沖縄本土決戦になる前だったらもっと戦死者数も少なかっただろう。
命を落とされた方達に深くお祈りした。手を合わせて深く深く頭を下げお祈りする方が多かった。

f0160958_14311271.jpg
#5,2012 HIROSIMA /CANON POWERSHOT S95
[PR]
by selfish555 | 2012-05-07 14:53