イタリア旅行記⑱ ~オルヴィエート~


/////8日目 Torre del Moro /////


町の真ん中に大きな時計塔がある。どうやら登れるようだ・・・ゾ

塔に登るのがクセになったようだ(笑)1階の本屋でチケット(1人€2.8)を買う。

ヨメさんは嫌がっている。それもそうだ今日はかなり歩き回ったなぁ。

そう言うオイラも膝が笑っている。太ももはパンパンに張っている。

それ程高い塔でもなさそうなので頑張って登ろう!

f0160958_21165842.jpg



古い階段は撤去され、新しい階段が設置されている。

サンジミニャーノ程の感動は得られなかったが気持ちいい。

何というタイミングの良さ!時計の鐘が鳴りだした。

ハリーポッターがほうきに乗って現れても不思議ではない。

「車」さえ視界に入ってこなければ中世そのままの景観だろうなァ~。

f0160958_21172157.jpg

f0160958_21175531.jpg




一旦ホテルに戻り荷物を置き、レストランを予約した時間を待つ

今宵はお目当ての「Trattoria Mezza Luna」で夕食を

少し奥にあるレストランは場所が分りにくい。

日が暮れると人通りも少なく少し怖い。

ここも地元民で賑わっている。

f0160958_21332384.jpg



周りのテーブルを見るとほぼ全員同じものを食べている。

謀ったようにカルボナーラとステーキ(カツレツ)だ。

この2品がこの店の看板メニューなのだろう。

オイラらも迷わずカルボナーラとカツレツを頼んだ。

とにかくデカイのでとりあえず2品にした。食べきる自信が無い。

f0160958_21421146.jpg

f0160958_21422498.jpg



書くのが面倒なくらい美味いっす(表現力不足)。

カルボナーラ(パスタ料理)も肉も旅行中で最高。

塩加減が絶妙のベーコン、特濃なのにしつこくないチーズ。

麺のゆで具合も何もかも完璧な一品です。トリュフも効いてます!

赤身中心の肉ですがワインに漬けてあるのだろうか、すごく柔らかい。

一見固そうだがスルっとナイフが入る。見た目程クドくなく食べやすい。

複雑な味付けは一切ない。肉そのものの旨味が凝縮されている。

2品で満腹、他の料理が入る余裕が無い!名残惜しいが店を出る。

パスタやピッツァも良いがトスカーナでは肉を食べるのがオススメ。



イタリアのレストランに行くと必ずミネラルウォーターが出て来る(もち有料)。
だが必ず炭酸水か聞かれる。もしくはこちらが何も言わないと勝手に炭酸水が運ばれてきます。
何故だろうと思ったが深くは考えなかった。だが普段飲むクセがないので頼んだ事が無かった。
このイタリア旅行のブログを書き始めて色々調べてようやく「炭酸水」を飲む理由が分ったのだ。
イタリア料理は味が濃い料理が多いから、口の中を「リセット」させる為に飲むのだそうだ。
この理由を知っていれば旅行中ずっと炭酸水を飲んだだろう。理由を知らないのとでは大違いだ。

でも一度だけ炭酸水を飲んだ。それはフィレンツェの「アルマンド」と言う人気店で。
隣でステーキを食べていたオジイさんが「沢山余ったから飲んで」と譲ってくれたのだ。
普段何の味もしない炭酸水なんて飲まないので慣れてなくて半分も飲めなかった。
ワイン飲んでるからそんなに気にしなかったが炭酸水の効果は絶大なものがあるだろう。

続く・・・。
[PR]
by selfish555 | 2014-02-16 21:46
<< ラーメン・ツケメン・ボクイメチェン 〇〇〇’s キッチン >>