イタリア旅行記⑨ ~フィレンツェ編~ 中央市場

///// 5日目 中央市場 /////

イタリア旅行も5日目に突入しました。本日はあいにくの雨、ドコにも行かずにフィレンツェ散策(当初の計画だとフィレンツェ滞在中は「ヴェネツィア弾丸日帰りツアー」「ピザの斜塔日帰り」の計画がある)。今日は唯一行きたいと思っていた美術館「アカデミア美術館」にも行ってみる予定←あくまで予定だが、本日は「中央市場」「フェラガモ本店」「ワイン購入」「あるレストランの予約」「ある町へのバスのキップ購入」。ホテルからパンツァーニ通りを駅方面に行き、ウニータ・イタリア広場からアントニーノ通りを進めば左手に市場が見えてきます。写真は後々掲載しますが、中央市場の付近は「革細工」の店・露天が多く並んでいます。
f0160958_2247448.jpg

フィレンツェに行くならこの「中央市場」は必ず行って欲しいトコの一つではないでしょうか?
日本からは消えつつある「市場」同じものを売っていても「売主」が違うので買い物も楽しい。
ダァ~っと商品が陳列されていて何台も並ぶレジで無機質な事務的な買い物をするよりいい。
ヘタなトコで買い物するよりも地元の人も利用する市場の方が安いし品数が豊富で楽しい。
f0160958_22514397.jpg

ココでは「バルサミコ酢」を買った。何種類もテイスティングさせてもらった。
でも結局はオイラらが買ったのは「イタリアで最高の評価」をもらっているヤツ。
イタリア語しか話せない人だったけど、なんとなくは理解できた。とても明るい御仁。
f0160958_22553661.jpg

f0160958_22554539.jpg

f0160958_22555917.jpg

f0160958_22563958.jpg

f0160958_232255.jpg

このオネーさんトコでは「トリュフペースト」「ポルチーニ茸」を買った。
日本語で説明を聞けるので分りやすい。イタリアでの生活を聞いたりしてた。
トスカーナ州は肉製品が有名なので買いたかった、狂牛病の関係で輸入制限されている。残念!
特に「サラミ」が絶品!イノシシの肉を使ったサラミも売っていて何度も試食させてもらった。
あまり「押し売り感」のない試食だし、店によってはワインもサービスしてくれる。
f0160958_2354143.jpg

f0160958_2355644.jpg

f0160958_23275081.jpg

f0160958_236953.jpg

f0160958_2362737.jpg

最後の写真のオヤジ、何と「祖父が日本人」だそうだ。とても明るくイタリア人全開だった。
この店のオーナーなのだが、あきらかに物を売るよりも観光客に絡むのが仕事みたいだ(笑)
ここの店では白トリュフ入りのオリーブオイルと黒トリュフ入りの岩塩を買った。
このオッサンに気に入られたのか、会計が済んだ後に「トリュフ」を1袋もサービスしてくれた。
オイラらの前に絡まれていたウクライナの女性は「祖母が日本人だよ」と言っていた。変な偶然だね。
分らないものは日本人が働いているお店で買えば日本語で説明をしてもらえるので楽チン。
ほぼ全てのお店で「試食・試飲」出来るの(モノ次第)で、変なモノを掴まされる心配が無い。
市場は活気があって楽しい。店ごとに人が違うので気に行ったお店で買い物すると更に楽しい。
モチは餅屋?専門店が多いから、それぞれに専門の知識があり色々試食・試飲して楽しめる。
オリーブオイルの説明の時なんか、パンも出してきてくれて色々テイスティングして選べる。
愛想が悪そうに見えて(マフィアに見える)も親切な人が多い中央市場は行く価値アリ。
市場の中に居た日本人旅行客は皆「ここで買い物すればよかった~」と言っていた。安いもんね。


ウチにような田舎は「大型店」の進出で家族経営の「小売店」小規模事業者が岐路に立たされている。
フィレンツェのような中央市場があれば買い物も楽しいし、コミュニケーションの場にもなると思うけど。
アシ(車)がないと生活出来ないので、小さな商店の廃業はアシの無いお年寄りには大打撃である。


続く・・・。
[PR]
by selfish555 | 2013-08-25 23:07 |   ITALY
<< イタリア旅行記⑩ ~フィレンツ... 残暑見舞い申し上げます >>