ブレーキがアレで。。。

イタリア旅行記はちょいお休みで、久々にハーレー関係のネタです。

昨年辺りから(と言うかもっと前から)気になってた「ガタ」がヒドくなってきた。
走ってて段差を乗り越えると「ガタッ!」と音がするし、直で触ってもガタガタ(笑)
オイラのウンコたれショベルのリヤブレーキ・キャリパーは「対策」されたモノでない。
この通称「バナナ・キャリパー」は効きが悪いし、ブレーキローターも10インチである。
もう慣れたけど、ショベルに乗り換えた時はブレーキが効かなくて何度も「焦った」。

f0160958_2156309.jpg

キャリパー本体はアルミ製、小さなガタは大きなガタに生まれ変わる。
毎年「耐圧」性のグリスで潤滑させていたが、もう限界のようだ。
「修正済み」は本体のピン穴を拡大し「スリーブ」を作成し圧入して修理してある。
今回もこの方法で「ガタ」が出ているピン穴を修正すれば使用可能になる。
f0160958_2201468.jpg

分りやすくする為に「ピン」は反対から入れてます。
f0160958_220242.jpg

鉄製のキャリパーサポートのピン穴が・・・「楕円」に変形しておりマス。
肉厚が薄くてキャリパーの様に「拡大・スリーブ」作戦が通用しないぞよ。

f0160958_2263384.jpg

と言うワケで?思い切って新品にした。エゲレスの「AP レーシング」製のキャリパー。
ここはグリメカが有名?だと思うが、特にグリメカとかそんなにこだわってないので。
PM(パフォーマンスマシン」やGMAもあるがオイラのバイクには全く似合わないかな。
f0160958_22161976.jpg

性能・効きの割には無駄にデカいバナナキャリパーが無くなってスッキリした。
見た目スッキリで良かったのだが、実は「ガタ」以外にも問題はあったのだ。

荷物を積む⇒車高が下がる⇒段差で普段より車体が沈む
     ⇒バナナキャリパーがフェンダーに接触⇒フェンダーがヘコむ

キャリパーを交換(下側マウント)した事で問題が2つ解決した。
今回ヘコんだフェンダー部分はカットし、ついでにリヤももう少し詰めて黒に塗装した。
さらについでにテールランプも本体部分を黒に塗装してFフェンダーも短くカットした。

全然違う部分でもついでだろうが何だろうが「やろうと思った」時が「やる」時なのだ。
[PR]
by selfish555 | 2013-07-29 22:21 |   Motorcycle
<< 目からウロコ イタリア旅行記⑧ ~フィレンツ... >>